チェコ首相の退陣要求デモに25万人、共産政権崩壊後で最大規模

チェコのトランプと呼ばれているアンドレイ・バビシュ(Andrej Babis)首相(64)の退陣を求める大規模なデモがプラハで23日行われた。
主催者と地元メディアによると約25万人が集まり、1989年の共産政権崩壊後では最大規模となったという。
200万ユーロ(約2億4000万円)の欧州連合(EU)の補助金不正受給に関与した疑いが浮上。
欧州委員会の監査で、政治家であると同時に実業家でもあるバビシュ氏は利益相反だと指摘された。
首相退陣要求に25万人集まる社会が羨ましい。

「いいね!」”Good!”ではなく「確認した!」”Acknowledged”短くして”Acked”ボタンが欲しい

FacebookやTwitterなどのSNSには「いいね!」”Good!”ではなく「確認した!」”Acknowledged”短くして”Acked”ボタンが欲しい。
Goodは本当にいい写真やいい言葉だけにしておきたいのと、いいねする機会が少なくなって、逆に、醜いことを目にする機会が多くなったから。
醜いことなら、無視すれば良いのだが、そういう投稿に限って無視できない人物が発信している。
かといって怒りではない、見ているよという意味でのAckedのようなボタンが欲しい。

婉曲的表現

トランプの再選出馬表明の中、経済界の婉曲的表現が鮮明になりつつある。
トヨタ社長豊田章夫氏が述べた「なかなか終身雇用を守っていくのは難しい局面に入ってきた。」
正社員の雇用システムも崩さざるを得ない局面に入った、ということ。
参院選後の日米FTA交渉。不平等条約になるのだろう。

日本経済を下支えしているのは非正規雇用の労働者だが、これからは正規雇用の人達も厳しくなるってことだろう。

世界報道自由度ランキング

国際ジャーナリスト団体「国境なき記者団(RSF)」が毎年発表する世界報道自由度ランキングで日本は180カ国中67位、5段階評価の3=顕著な問題という結果だった。
67位というのは先進国のなかでは最下位。https://rsf.org/en/ranking/2019
ベスト3のノルウェー、フィンランド、スウェーデンがどのように良いのかは、正直にいうと、わからない。
しかし、ワースト3のトルクメニスタン、北朝鮮、エリトリアの状況は想像がつく。
韓国(41位)、台湾(42位)より下位であることが悲しい。
国境なき記者団のサイトには日本の問題も書かれてあるので興味ある人はご覧下さい。