日本はもはや先進国ではない

孫正義氏が「日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう」という。
勇気が必要なのは大金持ちだけで、庶民は先進国後進国という相対的比較より苦しい生活実感がとっくに後進国であると納得させられているのだ。

IMD世界競争力センターの競争力ランキング日本は63地域・国中30位。ちなみに一位はシンガポール、2位香港、3位アメリカ・・・中国14位、台湾16位、・・・タイ25位、韓国28位、・・・。日本の凋落が止まらない。
平均所得35カ国中18位。
相対的貧困率38カ国中27位。
教育の公的支出43カ国中40位。
年金の所得代替え50カ国中41位。

父が娘に語る経済の話

ギリシャの経済危機の時の財務大臣ヤニス・バルファキス著父が娘に語る 美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話。が面白い。

平易な文章、いっぱい線を引きたくなる、明解。

古代ギリシャでは、公共の利益を考えられない人、つまり自分のことしか考えられない人は「イオディオテス」と呼ばれた。
「節度のある者は詩人になり、節度のないものはイディオテスになる」という古代アテネのことわざがあえる。ーーーidiotの語源?

トランプ始めイオディオテスばっかしだね。
日本にもヤニス・バルファキスのような経済学者・政治家が欲しいなー。

外国人技能実習生の死

山手通り沿いの高層マンションに暮らす住人の話。
「このマンションを建てるとき建設作業員が事故で一人死んだ。
「このあたりは地盤が砂地で軟らかいので工事にも注意が必要だ。
「それなのに外国人技能実習生だからといって「乱暴に怒鳴って」指示を出している。
「その乱暴さで事故を引き起こさないようにしていただきたい。

ベトナム人尼僧がいる芝の寺院「日新窟」には、2012年から2018年7月末までに亡くなったベトナム人技能実習生や留学生の位牌が並ぶ、その数81柱。
作業中の事故、過労による心疾患・脳疾患、、、自殺。<酷いよね。

日韓

なんとかならないものか?

1965年から2018年における韓国の対日貿易赤字の累計は約65兆円に上るという。

重要なお客であることには間違いない。

だったら、お客に対する言い方は細心の注意を払うべきだった。

政治家ではなく商売人が全面に立つべきだ。

契約社会

吉本興業の今回の騒動、小さな仕事でも契約書を交わすきっかけになってくれれば、嬉しいと思っていたが、残念ながら何も変わらないようだ。

著作権にかかわる仕事は、使用者の一方的な通告ではなくて、写真一枚でも簡単な契約書を交わしたい。

海外にはSignアプリみたいなものがいろいろあるようだが、日本は対等な関係での契約意識ないからナー。

Facebookかどこかがやってくれないかなー。

Facebookの仮想通貨Libraと連動してもらうと新しビジネスチャンスがいっぱいうまれそうだ。

チェコ首相の退陣要求デモに25万人、共産政権崩壊後で最大規模

チェコのトランプと呼ばれているアンドレイ・バビシュ(Andrej Babis)首相(64)の退陣を求める大規模なデモがプラハで23日行われた。
主催者と地元メディアによると約25万人が集まり、1989年の共産政権崩壊後では最大規模となったという。
200万ユーロ(約2億4000万円)の欧州連合(EU)の補助金不正受給に関与した疑いが浮上。
欧州委員会の監査で、政治家であると同時に実業家でもあるバビシュ氏は利益相反だと指摘された。
首相退陣要求に25万人集まる社会が羨ましい。

婉曲的表現

トランプの再選出馬表明の中、経済界の婉曲的表現が鮮明になりつつある。
トヨタ社長豊田章夫氏が述べた「なかなか終身雇用を守っていくのは難しい局面に入ってきた。」
正社員の雇用システムも崩さざるを得ない局面に入った、ということ。
参院選後の日米FTA交渉。不平等条約になるのだろう。

日本経済を下支えしているのは非正規雇用の労働者だが、これからは正規雇用の人達も厳しくなるってことだろう。

ラトビアのスパゲッティ

最近安いパスタはトルコ産やチュニジア産だと思っていたら、偶然100均でラトビア産のスパゲッティを見つけた。ラトビアの食料品ははじめてだったので、即、購入。
ラトビア料理ならニシンかとも考えたが、100均にニシンはないので、チリのアンチョビとモロッコのサーディンも買ってみた。
このスパゲッティ、色が明るく、ずいぶん綺麗だ。まるで食品サンプルみたいだ。
名付けて鰯のスパゲッティラトヴィア風! 上手い! 我ながら名作。
 

 

カルロス・ゴーン逮捕

羽田空港に到着したタイミングを狙って小型ジェット内で逮捕するなんてまるで特捜部のショーだ。
ホリエモンがTwitterで呟いたように別件逮捕ではないのか?
あれだけ高額な収入がありながら、すぐにばれてしまうまうようなことをするなだろうか? と言う単純な疑問。バレたら現在の地位を失うことくらいわかつてたはずだ。
ということは他に何かあると考えるのが自然だ。
それとも、単純だけど日本人役員達の嫉妬。

本丸はニッサンの金をルノーに回し過ぎってことだと想像するけど、、、

カルロス・ゴーン経営を語る (日経ビジネス人文庫)

イギリス下院中継を観ながら

語弊があるかもしれないが、BREXITで揺れるイギリス国会中継が面白い。

BBCアルジャジーラのライブ放送が楽しみだ。

メイ首相と議員たちの質疑応答を理解しているわけではない。それでも、面白いと思うのは日本の国会とあまりにも違うからだ。
まず、スピードが違う。
発言のスピード、全員早口だ。しかも席から発言台まで移動なんていう無駄な時間もない。
だから、視聴者の感覚では、イギリス国会は日本の10倍のスピードで審議されてるように思える筈だ。

いくら審議を重ねても結論が出ない問題かもしれないが…。