ヤニス・ベラキス

アート系ではない写真家も紹介したい。
2016年ピュリツァー賞を受賞したギリシャ人フォトジャーナリスト、ヤニス・ベラキスYannis Behrakis(1960〜)ロイター通信社のチーフ写真家だ。

「いい」写真とはどういうものでしょうか?
「見た人の感情に訴えかける写真です。その感情は強ければ強いほどいいですね、少なくとも報道写真においては。シンプルですが、とても重要なことです。」

写真集はないが、YouTubeでレクチャーを開いている。

瞬間オフライン音声翻訳機 ili(イリー)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です