同時通訳AIロボットが欲しい

ロシア系住人の保護を名目にしてウクライナに侵攻したプーチンのロシアだが、負けはじめると親ロシア系住民の生命が一番危うい。

そんなときだから、ウクライナのジャーナリスト Юрий Подоляка の発言を聞きたいと (直接的な彼のサイトはつぶされてしまったようだが、支援する情報提供者はいっぱいいるようだ、)YouTubeを見ているのだが、なにせ早口で止めどなく喋ってくる。

ウクライナ語は分からない、ロシア語は文字が読める程度だ。

そんなわけで、同時通訳AIロボットがほしい、とおもったわけ

センテンスごとに止めて、自動翻訳機にかかるしか方法はないのだろうか?

BBCとNHK

Nadine Dorries twitted(16/1/2022) ”This licence fee annoucement will be the last.
The days of the elderly being threatened with prison sentences and bailiffs knocking on doors, are over.

Time now to discuss and debate new days of funding, supporting and selling great British content.”

英政府は(17/1/2022)BBCのイギリス国内の視聴契約料(受信料に相当)を現在の年間159ポンド(約2万4900円)で2年間凍結する方針を、はっぴょう。

スピードが遅いよなー。NHKに波及するのはいつになるのか?

Will Smithの平手打ち

1.欧米の銃による「決闘」と日本の武士の刀による「果たし合い」とは大きく異なる。
2.例えば西部劇で見られる決闘の場合、相手が銃に手をかけようとしたときに、100分の一秒でも早く銃を抜き、弾丸を発射する。対して、果たし合いは、時間の問題ではないのではないか、遺恨の質と量.
3.この文化の違いがWill Smithのアカデミーでの平手打ちに対す評価が日本とアメリカでは大きく異なる理由なのではないかと思う。
4.挑発されても先に手を出したらダメなんだよ。